噛む犬をしつける時に…。

噛み癖を持つ愛犬が、そうなった原因を分析し、今まで実践してきた勘違いの多いしつけ訓練を見直したりして、噛む問題行動を矯正していくことがいいと思います。
賢い犬種のトイプードルであって、飼育方法の大きな問題はないみたいです。子犬のトイレ訓練、基本的なしつけも、無理なく習得してしまうのではないでしょうか。
チワワを飼うようになって、第一にするのはトイレのしつけではないでしょうか。同じ犬種でも、様々な子犬がいるみたいです。あんまり心配せずにゆっくりとしつけてみるのが良いでしょう。
例えば生後2か月くらいのミニチュアダックスフンドだろうと、家族に迎えたと同時に、いや、実際のところ育てる前の準備をする時からしつけというのはもう始まっているのです。
噛む犬をしつける時に、噛まれたくないからできない、というケースがあるかもしれません。さらに、感情的になってしまったり驚いたりして、飼い犬に体罰を与えてしまった体験さえある人がいるのではないでしょうか。

ミニチュアダックスフンドでしたら成長しても小さいから、ずっと子犬のように可愛いですが、しつけることは怠らずに早い時期にやり始めることが大切だと思います。
愛犬をしつける時に心掛けてほしい点は、その行程や教える順序をミスらないことです。トイレのしつけトレーニングも、その考え方は共通することなんです。
柴犬をしつける時の飼い主のお悩みは噛み癖らしく、成長した後でも矯正可能ですけれど、時間を要するので、子犬の状態でしつけてなおしておくのに越したことはないと感じます。
例えば、お子さんに「いまのままでは聞き分けが全くない」「社会性は身に付けさせたい」などと思い、ある程度は行動を起こしますよね。吠える犬たちのしつけ訓練も一緒だと思います。
柴犬の小犬だったら、育てる目的次第でしつけの方法は違っていて、通常のペットとして飼育する際は、生まれてから6か月くらいまでにしておくと、その後柴犬の扱いに有効でしょう。

国内では、多数のひとにペットとされているチワワなのですが、しっかりとしつけが出来ない状況で、ちょっと困っている飼い主のみなさんが大勢いらっしゃるのが実際のようです。
吠えの他にしつけしてほしいのは、飛びつきだと考えます。例えば、ラブラドール・レトリバーのような犬が飛びついてしまって、勢いで噛みついて、傷つけてしまうこともあるのではないでしょうか。
トイレに始まり、噛み癖まで、子犬の時期にとにかく着実にしつけを行なって後々問題をおこさないように、飼い主さんが努力してしつけてあげることをお勧めします。
叱らずにしつけしたいと決めているからと、飛びつきをやめさせようとラブラドールを持ち上げたり、撫でてしまうことはダメだと思ってください。そうすると「飛びつくと世話してもらえる」と感じるのです。
飼い主との関係を柴犬は敏感に理解できると言われます。柴犬になんとなく遠慮したりとか、一歩譲ったり、などをせずに、飼い犬のしつけを誤ることなくしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です